ごあいさつ

安心安全はいつでも私たちの願いであるはずなのに「あたりまえ」ではなくなりつつあり、生活の中で「ふつう」でないことがとても多くなってきました。
食べることに関しては、毎日溢れる情報が流れていて、医療がこれだけ進歩しているのに病気は増えるばかりで、「健康でいること」が私たちの関心事の中心にあるといっても過言ではありません。
食べることの本質を見直すきっかけとなる場所、未来を生きる子どもたちと家族が元気になる場所、人と人がつながる場所となりますように、日々邁進してまいります。

「tantan.to」のコンセプト

tantan.to ロゴ

~元気を支える知恵袋~
京都に住み100歳まで生きた祖母にちなみました。内陸である京都は元々海のものは少なく、地産地消。鮎や鯉の飴炊き、茄子の田楽、伏見唐辛子の焼いたもの。土地で採れるもの、手に入りやすいものを食べ、「日々淡々と」食や生活に向き合っていた祖母の姿を原点に、と名付けました。

プロフィール

森由美

森 由美
1966年生まれ

製薬会社、調剤薬局を経て、自らの大病をきっかけに、西洋医学だけに頼ることに疑問を持ち、サプリメント、東洋医学、メディカルハーブ、アロマテラピー、リフレクソロジーなどの代替療法を学ぶ。

分子整合栄養医学に出会ったことをきっかけに、これまで抱いていた医学に対する考えや向き合い方が大きく変化。

2013年より、内海聡医師が院長を務めるTokyo DD Clinicに在籍し、がんをはじめとした生活習慣病や自己免疫疾患などの様々な疾患に対する栄養指導と勉強会の講師を務める。

同時期より、子どもを育てる母親向けの勉強会を主催するなど、薬に頼らず、食事や代替療法で、健康を保つための研鑽を積んできた。

資格

  • 薬剤師
  • 英国IFRリフレクソロジスト
  • NPO法人日本メディカルハーブ協会(JAMHA) ホリスティックハーバルプラクティショナー

主な講師実績

  • アロマテラピーショップ&スクール カモミールにて「JAMHA認定講座」
  • NPO法人薬害研究センターにて「糖と油」「やさしい分子整合栄養医学」等
  • 武蔵野市にて「子どもを病気にする親 健康にする親 勉強会」
  • その他 ハーブ講座、ハンドマッサージなどワークショップを開催